検索
メインメニュー
ISO9001認証取得

東京リベット工業株式会社

オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが Q & A を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...
     
 
 
 
 
   
注文数はどのくらいからですか?
  材質・製品単重により様々ですが、ヘッダー(フォーマー)加工によるコストメリットをお出しするには、数万ケ/ロットによる御注文数を希望致します。但し、二次加工を必要とする製品については、数千個でのご注文も承っております。
   
規格品のリベットはありますか?
  申し訳御座いません。規格部品は取り扱っておりません。
   
納期はどれくらいですか?
  材質・製品形状により様々ですが、基本的に金型製作だけで、1ヶ月〜2ヶ月を要しますので初回サンプル提出には、2ヶ月前後を必要と致します。但し一度、量産体制となれば弊社生産体制の特性(最低3ヶ月先行)により、急な追加の御対応なども含め、納期遅延はありません。既存のお客様からも大変御満足頂けております。
   
取り扱う材質は?
  アルミニウム・鉄・真鍮・銅・ステンレス等の一般的な金属製品全てに実績が御座いますが、弊社が最も得意としている材質はアルミニウムです。
   
冷間圧造機以外の設備は?
  フォーマー・ヘッダー以外にも、二次加工用設備として、プレス機・切削機・転造(ローリング)機などを用いて、お客様の幅広いニーズに出来る限りお応えしております。
   
単価について
  形状・材質・数量によりけりですが、弊社が通常扱っている製品単価の中心帯は、数十銭〜十数円の範囲です。図面を頂ければお見積りさせて頂きます。
   
 
 
     
 
 
 
 
   
冷間圧造とは?
  ヘッダー(フォーマー)という機械を用いて、コイル材から円筒形状の材料を必要な分だけ切り出し、ダイス・パンチといった金型に送り込み各工程毎に常温(=冷間)にて一定以上の力を連続的に加えて塑性変形を施し、希望形状へ徐々に成型していく加工方法です。これを冷間圧造、又はヘッダー加工、フォーマー加工と言います。従って材料ロスが非常に少ない、無駄のない製法と言えます。
   
ヘッダーとフォーマーの違いは?
  ヘッダーとフォーマーの違いは、単に要する工程の数によって呼称が変わるだけなので、加工方法そのもの自体に違いはございません。同じものと捉えて頂いて構いません。歴史上、工程数(段数)の少ないヘッダーが誕生してから、その後各圧造機械メーカーさんが工程数(段数)の多いパーツフォーマーを開発していった為で、実際には双方共、ヘッダーと呼ばれる事が多いです。
   
塑性変形とは?
  金属の材料を曲げたり、伸ばしたり、叩いたりして、ある一定以上の力を加えて変形させると、もとの形に戻らなくなる性質の事を塑性変形と呼びます。
   
プレス加工との違いは?
  簡単にお答えしますと、プレス加工とは板材を垂直方向(上下)への圧力を用いて成型していく製法ですが、ヘッダー(フォーマー)加工とは、線材を切断したものを水平方向(横)へ圧力をかけて成型していく製法となります。
   
ヘッダー(フォーマー)加工のメリットは?
  一番のメリットとしては、切削加工等に比べて、材料ロスが非常に少なく、生産スピードにも優れている為、材料費・加工費の両面に於いてコストの低減を図れる面がございますが、大幅な量産にも充分対応出来うる生産能力もメリットとして挙げられます。
   
ヘッダー(フォーマー)加工のデメリットは?
 

金型製作が必要不可欠な為、
1.初期費用が必要としてしまう。
2.試作段階から、量産用の金型を製作・使用しなければならない。
3.初回品納品までに2ヶ月前後を要する。
4.加工可能な形状に制限がある(但し二次加工追加にて対応は出来ます) 。初期の段階では、以上のようなマイナス面も御座いますが、量産を重ねれば納期・品質・コストに必ず優位性が出ます。

   
加工精度は?
  材質・製品形状により様々ですが、基本的には弊社製品の加工精度は、孔径±0.01mm前後・外径±数μm・長さ(L寸)±0.03伉度の実績がございます。更に精密な公差の御要望には、NC切削仕上げ等の二次加工にて対応させて頂いております。
 
 
     
     
   
     
プリンタ出力用画面


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。